f:id:kuyu:20130519084158j:image
 料理の感じを見たらフレンチだから、フランス語なのはわかる。どう発音するかはわからない。
予約、問い合わせ等「もしもし、○○ですか?」とたずねるときに困る気がする。
そうかといって、こういう名前をその国の言語でネイティブ並みに綺麗に発音したらしたで、
慣れないバイトの店員さんが、「???(どこの店のこと?)」となることもあるかもしれない。
神戸市東灘区、御影のケーキ屋アンプレシヨンをインプレッションと英語読みしていて
人と話が通じなかったことのあるおいらは、そういうことが気になってしまう。


そうだ、食べログだと思って調べてみた。AUX BACCHANALESで検索したら、
オーバカナル 梅田 (AUX BACCHANALES) - 大阪/カフェ [食べログ]と出てきた。
カタカナでは(日本語のカタカナ読みと同じではないが)オーバカナルだそうだ。
AUXのXとかBACCHANALESのSとか、何のためについてるんだ(断じて店の責任ではないが)?
「大馬鹿なる」と語呂を合わせて覚えるしかない(記憶術の一つであり、お店の料理・サービスとは無関係です)。
グランフロント大阪に出店してるお洒落なフレンチカフェには不本意だろうが、そうするのが覚えやすい。
大学の第二外国語がフランス語でなくて良かったと思うが、大学の第二外国語がフランス語なら、
当たり前のようにこの綴りでオーバカナルとすっと覚えられたのかなとも思う。


f:id:kuyu:20130519090429j:image


f:id:kuyu:20130519090240j:image


ま、おいしかったから別にそんなことはどうでもいいんだけどね。